全国宅配着物レンタル 全商品オールシーズン送料無料! 全国宅配着物レンタル 全商品オールシーズン送料無料!
アーカイブ
2015-11-08

結婚式に参列する際の振袖について

振袖で結婚式に参列

先日、とある会話の中で、「結婚式に派手な振袖を着て参列するのはNGか」という質問がありました。
質問の意図としては、「派手な振袖が目立って主役の新婦さんに迷惑ではないか」ということでした。

答えは「OK」
「迷惑」だなんてとんでもないです。

結婚式は、主役である新郎新婦を心からお祝いする大切な儀式。
そんな大切な式に呼ばれた参列者は、新郎新婦を祝福する気持ちを分かりやすく服装で表現することも大事です。

ピンクの振袖で結婚式

振袖は日本の伝統衣装であることと、その美しさから会場に華を添える衣装として、昔から結婚式にはとても適切な衣装であり、皆から喜ばれる衣装です。未婚の女性であれば、是非、振袖で参列してほしいですね。

色味でいうと、特にNGはないのですが、白黒よりは色味のある振袖がオススメです。黒は親族の方が黒留袖を着ていらっしゃる場合が多いということ。白は洋装でよく言われるような「新婦のウェディングドレスと被ってしまうからNG」といったことはないのですが、やはり白地が強すぎるものは避ける方がベターかもしれないですね。
せっかくのお祝いの席での振袖ですので、地味になりすぎず、赤やピンク、緑、青、黄色などといった明るく華やかで若々しさを感じさせる色味のものがおすすめです。

ピンク振袖 結婚式参列

ただし、和装ウェディングで新婦さんが色打掛けや引き振袖の場合には、事前に知ることができれば、被らないように合わせることもお祝いの礼儀かもしれないですね。とはいえ、あくまで新婦の婚礼着物と参列者の振袖とは別物ですので、あまり執拗に気にすることはないと思います。

振袖の袖の長さは、中振袖が適切だと言われることもありますが、現在では大振袖も中振袖も区別しない方が一般的だと思います。
髪型は、髪飾り等はあまりつけず(アクセントとしてのワンポイントの髪飾りであれば問題ないと思います!)、成人式のようにあまり盛りすぎず、シンプルで清楚なヘアセットが美しいと思います。

余談になりますが、既婚の女性、あるいは未婚の女性でも大人らしい着物を着て参列されたいという方は、色留袖か訪問着が適切でしょう。色留袖を着る場合は三つ紋であるとなお良いですね。

色々と書きましたが、基本的には祝福の気持ちを持ち、その上で自分のスタイルでお召しになっていただくことが一番かと思います。
また次回、着物の知識について触れていこうと思いますー!

振袖レンタル一覧

結婚式の和装の選び方
着物レンタルモールhataori トップ


着物レンタルモールhataori / 結婚式に参列する際の振袖について

著者プロフィール

hataori staff
hataori運営スタッフ hataori staff
hataori運営チームによるスタッフブログです。着物のこと、着物に関連すること、役立つ情報や豆知識など定期的に発信していきます。

関連記事

着物の着付けとヘアメイク 2016-10-28

ヘアメイクと着物の着付け、どちらが先?